​チョトベラとは

チョトベラは、日本のNPO法人です。

また、バングラデシュ現地で「チョトベラ ファウンデーション」としてNGO登録しています。

20200702_2365356476_edited.png
バングラデシュ
​チョットグラム​
チョトベラ ​
オフィス
  チッタゴン丘陵地帯
カグラチュリ   
 ランガマティ
   バンドルボン
​  キニティウ 
​   スクール
ChotoBela Foundation
活動マップ (2020年時点) 
20200703_140357117_edited.png
オフィス
学校​
移動映画館
​ハンディクラフト
コックスバザール
ロヒンギャ難民キャンプ
組織概要
組織名:チョトベラ(ChotoBela Foundation)
設立:2018年(任意ボランティア団体ChotoBela worksとして設立。  
    2020年に現地NGO登録し、ChotoBela Foundationとなる。)
設立地:チョットグラム(旧名チッタゴン)
代表:原田夏美
本オフィス:チョットグラム、バングラデシュ
ローカルオフィス:-----
活動展開地域:チョットグラム / ランガマティ / バンドルボン /
       コックスバザール / あらゆる遠隔地域と農村部
登録 : The Societies Registration Act 21 of 1860
登録番号 : CHS - 657/2020
登録種目 : 1978 The foreign Donations
                   (Volunteer Activities)
銀行口座 : ゆうちょ銀行 金融機関コード9900 店番号018 店名〇八店
        預金種目(普通) 口座番号9941703 チョトベラ ファウンデーション
 もしくは  三菱東京UFJ銀行 江古田支店
                  普通口座0244185 チョトベラ ファウンデーション
 

​代表メンバー

40141615_1842111875837311_52880224255632
  • Facebook
  • Twitter

Co-Founder, Directer

​from Aomori, Japan

​代表メンバー

VTZI3658.jpeg

​代表

青森出身(日本人

日本大学藝術学部映画学科在学時に、ドキュメンタリー撮影のために初めてバングラデシュを訪れる。その後、2014年から現地に移住し、映画と環境と子どもたちに関わる活動を行う。

​原田 夏美

40141615_1842111875837311_52880224255632

​共同代表

ランガマティ出身

(チャクマ族)

ウジャニ チャクマ

_MG_8312.jpg

​共同代表

コックスバザール出身

(ベンガル人)

ファルハッド ザマン ジョニー

​設立までの過程
チョトベラの現メンバーは、2017年6月に起きたチッタゴン丘陵地帯での異例の大雨・土砂災害時の緊急支援活動で出会いました。
その以前も、各々が、バングラデシュにおける民族・宗教・男女差別、教育、貧困、自然災害、人権・土地問題など
様々な問題の悪影響を受ける子どもたちやマイノリティの人々のことを憂い、
それぞれできること、プロジェクト、ボランティア、ファウンドレイジング、啓蒙活動、記事や映像制作を通して、
チッタゴン丘陵地帯、国境沿いの少数民族地域、ロヒンギャ難民キャンプ、チョットグラム(チッタゴン)のスラムなどで活動を行ってきました。
2018年3月、移動映画館でバングラデシュの子どもたちにエンターテインメントを届ける事業を始めるにあたり、​
現代表が任意ボランティア団体 ChotoBela works を立ち上げ、現地の学生などと協力や合作を始めました。
「子どものため」と言えるものがまだ少ないこの国で、それは子どもたちのための一つのエンターテインメントとなり、
また、現地の若者が自国の子どもたちのためにボランティア経験できる一機会ともなりました。
色々と地道に試み、草の根の声を聞き、あらゆる問題解決は、やはり次世代を教育するしかないという思いに辿り着き、
2019年3月、2017年の緊急支援活動メンバーが、「キニティウ」(一校の小学校)をサポートするという大きな決意と共に団体へ加入
既存の学校にはない多様な教科や経験を、自然の中(遠隔地)で育つ少数民族という立場の子どもたちに与えていき、
人とあらゆる生き物や環境に配慮できる、次世代のリーダーを育て上げることを目標に再始動しました。
2020年3月には、現地NGOとして登録し、ChotoBela Foundation となりました。
チョトベラ=子ども時代が大切な基盤と信じて活動している私たちですが、一時的なサポートだけでなく、
長期に渡って、出逢った子どもたちの支援を続けていきたいと思っています。
沿革
​         2018      1月          NPOワールドシアタープロジェクトと移動映画館事業のパートナーシップを結ぶ
                      3月          任意ボランティア団体 ChotoBela works 設立
                      4月          バングラデシュのバンドルボンで初の移動映画館実施
                      9月          移動映画館用のアニメ映画をベンガル語国語)と少数民族語(チャクマ語)吹替制作       
         2019     2月          日本女子プロレス選手とバングラデシュの子どもたちを繋ぐ国際交流エンターテインメント
              プログラムをランガマティで開催
                    3月        バンドルボンでキニティウ小学校の運営サポート事業を本格的に開始
                      4月          現地のハンディクラフト制作・販売事業開始
                      5月          キニティウ小学校の水道建設着工(同年9月おおよそ完成)
                      6月          キニティウ小学校初のスタディツアーを開催 / 生まれ育つ山岳地域バンドルボンを知る
                      7月          移動映画館用のアニメ映画をロヒンギャ難民の人々の言語吹替制作 
                      9月          キニティウとモノゴール(ランガマティの小・中学校)でCLIMATE STRIKE(気候変動
              学校ストライキ)実施
                    11月          キニティウ小学校で健康的な食事計画(給食)開始       
                    12月          キニティウ小学校第二回スタディツアーを開催 / 海のある県コックスバザールで海岸のゴミ拾い     
         2020     3月          バングラデシュ現地のNGO (Foundation) として登録申請
​                    4・5月        COVID-19下における食糧支援等をチョットグラム(街)のストリートチルドレンと
                                      バンドルボン(農村部)のキニティウ小学校隣接の村を中心に実施